製品

パッド摩材別特徴

NAO材シリーズ

80M
制動力ランク 40/100
種別 ノンスチール材
適正温度 常温~400℃
限界温度 500℃
プライス(税込) ¥10,800

純正より約15%効きを落としているFFのリア専用のアンチロックパッド。
リアのブレーキ容量が比較的大きなFF車、軽量化しているFF車、
リアのタイヤ幅を細くしているFF車にマッチングします。

 

82J
制動力ランク 46/100
種別 ノンスチール材
適正温度 常温~400℃
限界温度 500℃
プライス(税込) ¥10,800

純正と同等レベルの効き。サーキットパッドでは効きが強く、
リアロックするFF車のリアに最適です。
また、純正パッドよりペダルタッチの剛性感が出ます。

 

86A
制動力ランク 50/100
種別 ノンスチール材
適正温度 常温~400℃
限界温度 500℃
プライス(税込) ¥11,880

純正+10%レベルの効き。FFリアパッドのスタンダードです。
また、ライトウエイト車輌のストリートパッドとして、
フロント / リアとも対応します。

 

88B
制動力ランク 52/100
種別 ノンスチール材
適正温度 常温~400℃
限界温度 500℃
プライス(税込) ¥11,880

純正+20%レベルの効き。重量配分やブレーキの容量により、
ある程度効きが強くてもロックしないFF車のリア用。また、
ハイレベルなストリートパッドとして、フロント / リアとも対応します。

 

89R
制動力ランク 56/100
種別 ノンスチール材
適正温度 常温~450℃
限界温度 550℃
プライス(税込) ¥12,960

純正+30%レベルの効き。ある程度、リアに重量があり、
効きを必要とするFF車のリア向け。FR、4WD車でも、リアの効きを落としたい場合や、
効き重視のストリートパッドとしてもマッチングします。

 

ストリートパッドとしてご使用する場合

86A~89Rは、ノンスチール材ですので、ブレーキ音、ホイールの汚れといった面でも、一般的なストリートパッドと同様に使用ができます。
また、アイテムにより効きが違いますので、好みの効きに合わせたり、フロント / リアに違う摩材を組み合わせ、バランスを取ることも可能です。

ロースチール材

03C
制動力ランク 58/100
種別 ロースチール材
適正温度 常温~600℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥17,280

ライトウエイト車輌のリリースコントロール性に強みを持つ摩材です。
また、ロータ温度500℃以上では、パッドの磨耗量が少し多くなります。
ハイレベルなストリート&スポーツ材としても使用可能。

 

04M
制動力ランク 59/100
種別 ロースチール材
適正温度 常温~600℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥17,280

03のリリース性能はそのままに、高温でのすべり感とパッド摩耗を改善した、
主にライトウェイト車向け材質。
サーキット走行でのパッド耐摩耗性に優れます。
他の摩材に比べダストは多いですが、水洗いで落とせます。

 

05K
制動力ランク 60/100
種別 ロースチール材
適正温度 常温~600℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥17,280

主にライトウエイト車輌のフロント摩材として適合します。
アブレッシブ材(研磨材)により制動力を高め、カッパー(銅)を使用
することで、リリースコントロール性能も確保しました。
ロースチール材でありながら、ロータ磨耗に対して、とてもやさしい
摩材です。

 

08H
制動力ランク 64/100
種別 ロースチール材
適正温度 200℃~600℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥18,360

主にライトウエイト車輌のフロント摩材として適合します。
推奨使用温度域を200℃~としているのは、
街乗りでのパッド摩耗とロータ摩耗が少し多くなるからであり、
効きはストリートでも問題ありません。

 

10F
制動力ランク 70/100
種別 ロースチール材
適正温度 常温~650℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥18,360

新素材の高純度アブレッシブ材(研磨材)を使用することで、
リニアな制動特性で摩材のキメの細かさを感じます。
街乗りでも極端なパッド、ロータ摩耗がなく、
サーキットとストリートの両立にも最適です。

 

12D
制動力ランク 76/100
種別 ロースチール材
適正温度 200℃~650℃
限界温度 700℃
プライス(税込) ¥19,440

マイルドな制動特性でコントロール性と制動性能のバランスがとれた摩材です。
低温時のパッド / ロータの磨耗量が少し多いため、
推奨使用温度域 200℃~としています。

 

14B
制動力ランク 80/100
種別 ロースチール材
適正温度 200℃~680℃
限界温度 750℃
プライス(税込) ¥19,440

ライトウエイト車輌の制動力重視、中~重量車種のコントロール重視の摩材です。
全体の制動力は12Dより約5%UPですが、初期制動は12Dより約10%強めです。
マイルドなトルク特性を実現しました。

 

18E
制動力ランク 85/100
種別 ロースチール材
適正温度 200℃~680℃
限界温度 750℃
プライス(税込) ¥20,520

特殊粒度のアブレッシブ材(研磨材)と天然鉱物の配合で
スチールファイバを減らした、ロースチール材の中で最も効きの強い摩材です。
断熱性が高いのでキャリパ / フルードへの熱ダメージを低減できます。

 

ハイスチール材

53C
制動力ランク 88/100
種別 ハイスチール材
適正温度 200℃~680℃
限界温度 750℃
プライス(税込) ¥22,680

ハイスチール材でありながらマイルドな制動特性を持っています。
ハイスチール材の利点であるハイスピードからの減速性能と耐熱性能に優れ、
ハイスチール材の中では最もコントロール性に優れます。

 

55A
制動力ランク 94/100
種別 ハイスチール材
適正温度 200℃~700℃
限界温度 780℃
プライス(税込) ¥24,840

高い制動性能とコントロール性を両立した摩材です。
グラファイトやコークス等のカーボン類を多く配合していますので、
サーキット走行における耐摩耗性に優れ、高温での連続走行でも高い制動力を発揮します。

 

58D
制動力ランク 98/100
種別 ハイスチール材
適正温度 300℃~750℃
限界温度 800℃
プライス(税込) ¥27,000

特殊処理したスチールファイバと、硬度と粒度に拘ったカーボン材の配合で、
制動性能を重視した摩材。ヘビーウエイト、ハイパワー、Sタイヤといった、
厳しい条件でも、圧倒的な制動力を誇る最強のパッドです。

 

制動力ランクについて

制動力のランクは、最小を「0」、最大を「100」とし、純正パッドの効きが「45」となるように表記しています。また、これらの数字は、摩材比較時に制動力をイメージで捉えていただくために、数字化したもので、100% ベンチテストでの制動トルクにリンクしているものではありません。

※輸入車やレーシングキャリパなどは、上記価格に特別料金が加算されます。

 

前のページに戻る